保健師求人人気ランキング!

保健師としてアルバイトで働く

近年の保健師の雇用形態は、正社員だけでなくアルバイトやパートなどの形態も増えています。
一旦はアルバイトやパートで採用されて、実績次第で正社員登用されるということも少なくありません。
正社員になりたくてもアルバイトやパートの募集しかないというときは、アルバイト雇用から正社員になる道を探すという手もあるでしょう。
反対に家庭の事情などでパートでしか働けないという人が、正社員雇用しか見つからないというパターンもあるでしょう。
アルバイトとして雇用されたいなら、保健師採用が多い職場は介護系になります。
慢性的な人材不足となっている介護施設では、入居者の健康管理も行わなくてはなりませんから、保健師は求められる人材です。
そうなると保健師資格は大変有利になるでしょう。
また、保健師は一般企業の企業内クリニックで雇用されることもあります。
一般企業は正社員を採用しない傾向も見られるため、アルバイトやパートとして採用されることも少なくありません。
また、アルバイトなどの雇用は保険組合などでも行っていることがあります。
まずはアルバイトやパートとして経験を積んでおき、いずれ正社員になるという方法もあります。
あまり雇用形態にとらわれずに、保健師として求人を探してみてはいかがですか?

 

肝臓サプリ

保健師インターンシップを知ってますか?

保健師のインターンシップ制度とは、新卒採用を探している学生さんが受けることができるものです。
インターンシップ制度は大学や短大に通う学生が対象となっており、とても良いシステムだと評判ですから、ぜひ調べておくことをおすすめします。
学生に就業意欲を持ってもらいたいということを目的として行っているのがインターンシック制度になります。
保健師として行政に勤めるなら、どのような業務に当たることになるのか、保健師の日頃の仕事を実際に体験ができるようになっています。
行政で保健師が働くところをインターンシップ制度を利用して見ることができ、就業意欲の向上を高めて、行政の仕事を知ることができます。
しかし、保健師の仕事をインターンシップを通して体験しても、そのままその部署に配属されるというわけではありません。
なかにはインターンシップを利用しても保健師として働くことができず、自分の希望した保健師とは全く違う部署に配属されたというケースもあります。
しかし、行政の仕事を知るためには有効な制度で、保健師の仕事を直接見ることができますから、保健師を目指している人にとっては嬉しいシステムですね。
このインターンシップは企業でも行っています。
ぜひ活用してみて、実際の就職活動に活かしましょう。